2020年4月2日木曜日

コロナ禍のロックダウンで暗く沈んだNYを見て重なる、911直後のNY

新型コロナウィルス(Covid19)の感染拡大で、ゴーストタウンのようになったヨーロッパやアメリカの静かな主要都市の様子が毎日テレビに映し出されています。いつのまにか世界の感染被害の中心地となってしまったニューヨークは、どこまで感染が拡大するのか、感染拡大を抑えきれるのか、世界が特に注目しています。
そして私は、ニューヨークの様子を伝えるニュースを見ていると、デジャブの様な感覚を覚えるのです。

911アメリカ同時多発テロ直後の空気


19年前にも、世界の注目がニューヨークに集まる事件が起きました。アルカイーダによる911アメリカ同時多発テロです。貿易センタービルに2機の旅客機が突っ込み、その崩れ落ちる様子が世界に生中継されました。
2001年9月11日は台風15号が関東を直撃し、大きな被害が出ています。この日私は福岡にいたので、東京の家族の事も気になりニュースステーション(まだ久米さんの時)を見ようとテレビを点けました。しかし、台風の情報ではなく煙を上げる貿易センタービルの映像が映し出されました。最初は小型機がぶつかったのではという解説でしたが、暫くすると2機目が突っ込んできました。それからは複数の旅客機がハイジャックに遭っていることがわかり、ほぼ徹夜でチャンネルを回し、テレビに釘付けでした。

当時ニューヨーク在住だった大学の後輩や友人と連絡を取り、安否確認やNYの様子を聞いているうちに、このテロをきっかけに世界が大きく変わる予感がしました。この頃、マーケティングをReputationという視点で捉え直す作業をしており、まさに911直後の10月にReputation Management の商標出願をしたところでした。
日本でリサーチできる範囲では、同時多発テロの後マンハッタンから本社を移し逃げたと批判された企業もあれば、新聞にメッセージ広告を掲載する企業など様々な動きがありました。オノヨーコさんが、ジョンレノンの「imagine」の歌詞でニューヨークタイムズ紙に全面広告を出して話題にもなりました。
そして私はニューヨークの空気を体感しておくべきだ、と思い至りました。テロから2ヶ月半後の11月30日、ニューヨークへ飛びました。まだ世界的に米国への渡航が避けられている時(従業員の安全確保のため取材でさえも渡米をさせず、媒体社に勤める複数の友人から羨ましがられました)で、ANAの機内は空席だらけ、乗客の多くは米国の航空会社を避けたアメリカ人のようでした。

ニューヨーク・JFKに到着し、マンハッタンに向かう時に誤って白タクに乗ってしまい、怖い思いをしながらもなんとか無事にホテルにチェックイン(長くなるのでリンクのQuoraの投稿をご覧ください)。

WEBER SHANDWICK 社のロビー
画面にダウジョーンズの株価。当時はまだ1万ドル以下

NYに到着した初日は、大学の後輩にコーディネートしてもらった世界的なPR会社 WEBER SHANDWICK 社を訪問し、ニューヨークに本社を置く企業の動向をインタビューしたり、電通さんの友人を介して紹介していただいた人から、広告業界を取り巻く変化などを聞いたりしました。
夕方から福岡の異業種交流会の仲間で、福岡ではよく一緒にお酒を飲んでいた朝日新聞社のNY支局の崎川さん(彼は帰国後、2017年にハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社の取締役CEOに就任)を訪問。夜はみんなでディナーのテーブルを囲みました。この時、「911以降、初めての日本からの来訪者だ」と一様に言われました。

この時のニューヨーカーはテロの被害に打ちひしがれ、みな言い知れない恐怖と孤独感から逃れようとしているようでした。街に賑わいはなく、どこかひっそりとしています。特に一人暮らしの若者は誰かと繋がりたい、言葉を交わして安心したいと、人気のあるCafeなどに足が向いていました。日本人が東日本大震災の後に抱いた感情に近いかもしれません。今ならSNSやビデオチャットで顔を見ながらの会話も可能ですが、2001年当時はまだスマホも登場していません。

 そこで登場したのが、見知らぬ人とも話ができるカフェ。 大学の後輩にサポートをお願いし、出かけました。
この Remote というCafeは、入り口やフロアなどを撮影するカメラがあり、その画像はライブでウェブサイトと各テーブルのモニター画面(当然モノクロ、しかも粗い画面です)に映し出されています。各席にはモニター画面の他に受話器とボタンなどが並んでいます。ボタン操作でモニターに映し出すカメラを選ぶことができ、この人と話をしたいと思ったらその人が座っている席に合図を送ります(ランプが点くようです)。
オファーの相手に対して、応えても良いと思えば受話器を取って話をするという仕組みです。
私はそんなコミュニケーションが取れるような英語力も無いのでオファーをすることも受話器を取ることもありませんでしたが、いわゆる出会い系のような浮ついた空気感はなく、むしろ教会や寺院にいるような不思議と静かな(音楽は流れていました)空間を後にしました。

HEROを讃える


グラウンドゼロに向かうと、まだ焦げ臭い匂いが立ちこめていました。周辺は立ち入り禁止となりフェンスと網で囲われていましたが、その隙間からは崩れ落ちたビルのがれきや溶けて曲がった鉄骨などが生々しく、まさに大きな爆弾が落とされた痕のような光景が広がっていました。

網やフェンスには行方不明者を捜すメモや花束、メッセージなどがたくさん張られていました。

中でも、消防士への感謝の言葉やメッセージは至る所で見られ、消防署には殉職した消防士の写真が貼られ、花がたくさん置かれていました。



何かと重なる911後とコロナ禍の今


貿易センタービルで火災に立ち向かい救助にあたった消防士と、ウィルスに立ち向かう医療従事者を共に市民は讃えます。孤独感を紛らわせるために誰かと言葉を交わしたい911後と、目の前に人はいるのにソーシャルディスタンスをとらざるを得ず、物理的にだけでなく心理的にも距離感を埋められず、市民が鬱々とする今。

そして、911の時に陣頭指揮を執ったジュリアーニ市長と重なる、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏の強いリーダーシップ。

クライシスに際して求められるのは、決断力と強いリーダーシップです。日本でも行政のリーダーだけでなく、それぞれの企業でもTOPが強いリーダーシップを発揮してこの困難を乗り切らなければならない時なのです。



2020年3月10日火曜日

コロナ終息を待たず、「安全・安心」で現状打開を目指すヒント

新型コロナウィルス Covid-19の感染拡大により、政府は小中高校の一斉休校、外出やイベントへの参加を控えるように要請しました。さらに中国・韓国からの入国を条件付きで制限し、福岡空港・博多港では中韓との定期便が全てキャンセルとなっています。
海外からの観光客が激減したのに加え政府からの呼びかけや自粛により、全国の観光地だけでなく、 オフィス街や住宅地の飲食店も来店客が落ち込み、大打撃を被っています。大型のイベントやコンサート、更にはプロ野球やJリーグなどの開幕も先送りとなり、いよいよオリンピックの開催も危ぶまれる状況です。

本来ならプロスポーツの開幕と共にこれから花見や歓送迎会の季節も迎え、街は活気づくはずでした。しかし消費は落ち込み、経済にも急ブレーキがかかってしまいました。
3月9日の朝日新聞には もう食えない、3月末が限界 危機下で音楽は不要なのか [新型肺炎・コロナウイルス]ーという記事を掲載しました。音楽業界だけでなく、観光業も飲食業や各種サービス業も中小零細・個人事業主にとってはギリギリの状況に追い込まれつつあります。

宝塚歌劇団の公演再開


このような状況の中、9日、宝塚歌劇団は公演を再開しました。報道によりますと、入り口では来場者の体温をサーモグラフィーでチェックし、一人一人の手に消毒液を吹き付けてから劇場へ入場していました。館内の飲食店はクローズとし、館内での飛沫感染を防ぎ、クラスター感染の場とならないよう主催者側だけでなく、来場のファンそれぞれも細心の注意をはらっての公演再開でした。

今のところ、この公演再開には賛否はありますが、一律に全てを自粛しなんとなく受け身になっている世の中に一石を投じたことは確かです。

厚生労働省のQ&A


厚生労働省のウェブサイトには、新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)というページが設置されました。
ここには、
食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていない(食品等取扱い事業者の方へ のA)
普段の清掃で気をつけることは(集客施設を運営する方へ⦅飲食店、小売店など⦆のQ)
などが掲載されていますが、これからさらに具体的なQ&Aが掲載されていくのでしょう。引き続き要チェックです。

また、一般向けには「 新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために 」が公表されています。
新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために
集団感染の共通点は
・換気が悪く
・人 が密に集まって過ごすような空間
・不特定多数の人が接触するおそれが高い場所
が上げられています。
逆に言えば、このような場所を作らないよう注意をすれば良いと言うことになります。

映画や舞台の観劇、クラシックのコンサートなどでは、ただ見ている、聴いているだけなら他人の飛沫を受けたり人と接触することもありません。美術館や博物館も同様です。
飲食店で食品から感染することはありません。感染者から飛沫を浴びる、飛んで付着したウイルスに触れることがなければ感染は防げることになります。

安全・安心だと思って足を運んでもらうためには


外食を避けてデリバリー(出前館やUberEatsなども)を頼む人が増えていると言います。考えてみれば、出前を担当するデリバリースタッフはどの程度感染の予防措置を取っているのでしょうか?上記集団感染の共通点のどれにも当てはまりませんが、デリバリー先で感染者あるいはウイルスと接触する可能性はあります。複数の店舗やお客様との間を行ったり来たりですし、その間に手肌やハンドル、レバー、デリバリーの容器など適切な消毒をしているかも甚だ疑問です。
それなのに、何故か盲目的に安心感を抱いて注文しているのが現状だと思います。

ビュッフェスタイルのレストランでは、トングを15分間隔で取り替えてお客様の不安を解消し、好評を得ているお店があります。15分間隔の取り替えで果たして安全なのかはわかりませんが、少なくともお客様にとっては安心と受け止められているようです。

家族など、ごく親しい関係であればマスクもせずに過ごしているでしょう。(事実はどうであれ安心できる)環境をそのまま外に作り出すことができれば、警戒感を打ち消して食事やお出かけができるはずです。
感染していない(と信じている)家族同士であれば、感染しているかもしれない第三者との接触機会さえ無ければ不安はありません。感染を生むクラスターを作らないのではなく、感染していない小集団(クラスター)を取り込む=安全に隔離するサービスを提供できれば良いのです。

例えば、
・店内・お客様が触れる場所は入念に消毒している
・食器類は洗浄後高温殺菌している
・来店時にはお客様の体温をサーモグラフィーカメラでチェックさせていただく
・入店時に手をアルコール消毒してもらう
・少人数の個室営業のみ(あるいは他のグループと離す)
・オーダーはタブレットやスマホ・電話・メモなどで受ける
・旅館なら、食事は部屋食での提供
・迎えられなければ出向く(ケータリング・出張パーティなど)


など、不特定多数の人が集まって第三者と接触する場面が無い(少ない)と安心する情報を提示してアピールすることができればどうでしょう?

誰もが自粛したくて籠もっているはずはありません。記念日には外食もしたいでしょうし、家族で泊まりの旅行にも行きたいはずです。ぐるなびやYahoo!ダイニングなどで、安心できる個室レストラン特集(何故安心かを明示)など組めば予約が殺到するのではないでしょうか?
コンサートやスポーツ観戦も何か方法はあるはずです。

今の状況がいつまで続くかわからないまま、政府の終息宣言を待つだけでなくそれぞれが前向きに打開策を考えて実行していかなければ、このまま日本は潰れてしまいます。不確かな情報に右往左往する前に、何ができるか、何が求められているかを考え、行動に移しましょう。

今では、amazonでサーモグラフィーカメラも2万円代~簡単に購入できます。




2020年3月6日金曜日

またもあおり運転の時と同じデマ被害!コロナウイルス感染で人違いの誹謗中傷

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を下船した後、感染が確認された60代男性が、スポーツクラブを2回利用していたことが判明しました。

下船後スポーツクラブ利用 新型コロナ、静岡市の感染男性ー静岡新聞

新型コロナウイルス感染は犯罪ではありませんので、発表でも報道でもプライバシーに配慮して個人を特定するような名前やプロフィールを伏せています。
しかし、この報道を受けネットでは「非常識だ」「人として考えられない」などと批判のコメントが多く上がり、早速犯人捜しが始まりました。やがてある人物が特定されSNSなどで実名が公表されることとなります。しかし、今回も誤った情報がネットに上げられてしまったようです。

過去には、東名高速であおり運転をして高速上に停車させ追突事故の原因を作って逮捕された容疑者と名前が同じだったと言うだけで、全く関係の無い会社が嫌がらせの電話がかかってくるなどの被害を受けています。

東名高速追突事故の二次被害、デマによる嫌がらせや営業妨害から考えるホームページの重要性

また、常磐道のあおり運転・暴行事件で同乗していた「ガラケー女」も人違いで全く関係の無い女性が被害に遭いました。SNSで否定し反論したのですが、さらに炎上。犯人が逮捕されるまで治まらなかったようです。
上記の会社はWEBサイト(ホームページ)を開設していなかったため、ネット上の誤ったデマに対してもメディアで取り上げられ間違いだと公表されるまで治まりませんでした。

興津螺旋株式会社のサイトに掲載されたコロナウイルス関連報道について
今回は静岡市にある興津螺旋株式会社の関係者の名前があげられ、会社へも問い合わせや苦情の電話がかかって来たようです。電話や対面での個別の問い合わせに対しては否定・説明はできます。しかし、ネットの名指しで個人への誹謗中傷に対しては、証拠を示せず否定や反論をすればするほど火に油を注ぐ事になり更に炎上します。上の「ガラケー女」の人違いの例がまさにそれです。

興津螺旋株式会社さんは3月4日付で「コロナウイルス関連報道について」として会社としてすぐに否定をしています。いち早くサイトに否定するコメントを公表したことでテレビなどのメディアがそれを取り上げ、更なる被害を食い止めることができたようです。

認めるも否定するも、スピードと事実の公表が重要です。

もし、従業員やその家族が新型コロナウイルスに感染したら



2020年2月26日水曜日

女性は職場の花ではなく戦力、ジェンダー規範・ハラスメントについて正しく認識するー中堅・中小企業のリスク回避と危機管理

一部上場企業や誰もが知る大手企業でも度々炎上する、ジェンダー表現やハラスメント行為。九州や地方都市ではいまだに男性と女性の性差による役割意識が強く残っていて、地場企業、同族企業・ワンマン社長の会社ではセクハラやパワハラが黙認されているところもありそうです。
就業規則の制定と見直しでも触れましたが、近年ハラスメントの防止については法整備が進み、セクハラ・パワハラ・マタハラ・パタハラなど職場のハラスメントについては厳しく対処するよう求めています。
ハラスメントに関する法律とハラスメント防止のために講ずべき措置」のページ
厚生労働省は、「明るい職場応援団」という サイトを立ち上げ、さまざまなコンテンツを用意して情報発信・啓発をしていますが、その中のハラスメントに関する法律とハラスメント防止のために講ずべき措置」というページが全体像をコンパクトにまとめていますので、一通り目を通されることをオススメします。

社会的な役割に性による差を付けない


パワハラは上司や先輩だけでなく、取引関係でもその優越的な立場を背景とする強要や言動も該当します。どんなことがパワハラになるのかは、ここで細かく書く必要も無いでしょう。テレビ東京系列のドラマBizで昨年放送された「ハラスメントゲーム」では、様々なハラスメントを取り上げていました。Paraviでは今でも見ることができます。
ドラマを見るまでもなくどんなことがハラスメントに当てはまるかはだいたい理解できているつもりだと思います。しかし、実際にはどこまでいっても「つもり」であり、日常的にハラスメント行為を行っていることは少なくないのです。#Metoo運動のような分かり易いパワハラ・セクハラ被害もありますが、ジェンダーに関する言動については無意識に、あるいは気付かずに過ちを犯し、時として大きな問題になります。

無意識の「男は、女はこうあるべきだ」という言動が今ではハラスメントとして責められるのです。皆さんの会社では、「職場のお茶くみは女性の役割」だという暗黙の了解はできあがっていませんか?日本においては「性差による役割の固定化」がなかなか解消されません。国会議員や企業の経営ボードでの女性比率が上がらないのもこの意識が変わらないからだと言われています。
小泉進次郎大臣が育休を取得すると宣言して大騒ぎになりましたが、これが良い例です。年配の政治家は、国会議員は雇用関係ではないから育休はけしからんという言い方をしますが、そもそも「子育ては母親(女)がするものだ」という前提で発言していることを若い世代は見抜いています。 

就業規則の制定と見直しでも書いていますが、ハラスメントについては、それらの言動を行った者について厳正に対処する旨の方針・対処の内容を就業規則等の文書に規定し、管理・監督者を含む労働者に周知する必要があります(均等法第11条)。

少数派を排除しない


今はLGBTに対する理解も広まり、高校の制服では女子がスカートだけでなくパンツも選べ、男性がスカートを選ぶことを認めるところも出てきました。アンケートの回答欄で性別の所に男性・女性だけでなく「選ばない」「回答しない」などの選択肢を入れることも増えています。少数派を排除しないというのが基本です。

誰もが知る大手企業が作成したネット配信動画CMでも度々炎上しています。視聴者が「男だから」「女だから」こうあるべきだ、という押しつけや役割意識を動画の中に読み取ってしまうと、あっという間にSNSで吊し上げられ炎上となってしまう時代です。
今時「男が化粧するなんて」という発言などしようものなら総スカンです。今やデート代は男が支払うものという事もありません。

女性を戦力として活用するためにはジェンダーについて正しく理解し、 ジェンダー視点を持った経営を心がけることが令和の経営者の常識となるはずです。

中堅・中小企業のリスク回避と危機管理-目次に代えて(まえがき)



2020年2月6日木曜日

もし、従業員やその家族が新型コロナウイルスに感染したら

連日TOPで報道される新型コロナウイルスに関するニュース。中国との渡航や物流の制限で、インバウンド消費だけでなく国内生産にまで影響が及びそうです。感染者を乗せていたことがわかった豪華クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号からは、昨日・今日で20人の感染者が確認され、乗客は暫く船内に留まらざるを得ない状況となりました。ダイヤモンド・プリンセスの乗客とその家族や仕事先などへは相当な影響が想像できます。船に滞在中の追加の料金などは日本政府が負担するでしょうが、その間の逸失利益までは補償されることは考えられません。さらには船主、今後クルーズを予定していたお客様も予定が見えなくなってきました。
 
※ダイヤモンド・プリンセス号の 状況や対応は、ウェブサイトで随時アップデートされています。

今はまだ国内での感染者は40人を超えたところで全員が隔離された状態ではありますが、3次感染が確認されたということは既に気付かないまま感染している人が、市中にいる可能性もあります。ダイヤモンド・プリンセスを香港で下船した乗客は横浜から乗船しており、乗船時には既に感染していた可能性があります。もしそうであれば感染源は船の中ではないことになり、日本国内の乗船までのどこかでか、あるいは日本に来る前に感染したことになります。
また、ダイヤモンド・プリンセス号は、那覇、鹿児島にも寄港して乗客は下船して観光をしているということですから、そこで感染している人がいるかもしれません。昨日奈良で感染が確認された20代の男性も観光客との対応の過程で感染したとみられており、無症状の感染者が観光をしていることが考えられます。他にも、中国から空路で入国した人でも、感染して潜伏期間だったり無症状であった人も複数いるかもしれません。

こうなってくると、満員電車で濃厚接触の可能性が高い都市部では静かに感染が拡大している可能性もあります。国際線も就航し、飛行機や新幹線で大都市との人の行き来が多い福岡市も、既に感染者がいるかもしれません。

「もしも」を想定してみる


感染のピークは4月頃になるという予想もありますから、まだまだ広がる可能性は否定できません。それでは、自社の従業員やその家族が新型コロナウイルスに感染していることがわかったらどうするでしょう?

まず、職場で日常接触する人は濃厚接触者として検査を受ける可能性は高いでしょう。感染源は自社内にあるのか、あるいはそれ以外かは大きな問題です。もしも社内で複数の人間に感染が確認されたら、社内の誰かが感染して広げたことになり、放置しておくと新たな感染源となりえますし、既に社外へも広げている可能性もあります。これまでの報道を見ていると、混乱を避けるためにある程度の報道規制か情報開示の制限をしている可能性もありますが、当事者となった場合には想定外とならないように準備をしておく必要もあります。
業種や職種によっても人との接触頻度や程度は違いますが、ビジネスのモデルがB2B(対企業)かB2C(対一般消費者)かでも対応は大きく変わります。

B2B企業であればWEBサイトで事実公表をし(許されれば)、お取引先や関係する業務上のパートナー、従業員へ電話やメールで知らせる必要があります。しかし、その前に以下の事を整理しておく必要があります。

1,緊急対応のメンバー指名と組織図(役割分担の明確化)
2,事実の整理(感染者の特定、状態など)
3,考えられる感染源と感染者の接触範囲
4,クライアント様、お取引先企業への影響
5,対応措置ー営業自粛、IT系企業であれば在宅やテレワークでの業務分散など
6,Q&A
など

B2C企業だと、感染者が多くのお客様に対して接客していることもあります。飲食店であれば、保健所からの営業停止やなんらかの指示が出るのでしょうか?
いずれにしても、まずは営業自粛をしてその後の対応を検討せざるをえません。予約中心の高級レストランであれば顧客リストもあるでしょうから個別の連絡、対応もある程度可能です。昨年放送されたTBSのドラマ「グランメゾン東京」でも、スタッフからノロウィルスが検出されたという場面では、自主的に休業して直前にお食事をしたお客様1軒1軒に様子伺いと事情説明に行く場面がありました。しかし、これが不特定多数のお客様を迎える繁華街の居酒屋であったり、郊外のショッピングモールの食品売り場であったらどうでしょう?

これだけのことを感染が発覚して直ぐに準備するのは実際には無理です。しかし、4~6については今からシミュレーションすれば準備は可能です。正解はありませんが、一度シミュレーションしていれば慌てることはありません。特にQ&A。クライアントさんや従業員、マスコミや株主など、その立場になって考えるといろんな疑問や知りたいことが出てくるはずです。100くらいの想定質問を書き出し、それぞれに対する回答を議論しながら整理できれば自信も付きます。これだけ話題になり、自社への影響の可能性が否定できない状況では、どの会社も想定外という言い訳はできません。

自社の業務を振り返る機会としても、研修やグループワークで検討してみてはいかがでしょうか?
もちろん、手洗い・うがいの徹底とアルコール消毒液の設置などは言うまでもありません。

※リタイアしたら、私も豪華クルーズ経験してみたいものです。ということで ダイヤモンド・プリンセス号の紹介動画を貼り付けさせていただきました。