2021年4月1日木曜日

福岡市美術館の広報サポート業務卒業

昨日、3月31日をもって契約(PFI方式で、ブライト・ウェイはリニューアル開業に向けての企画立案・ブランディング・開業サポート業務と開館後2年間の広報サポート業務)満了、それに伴い福岡市美術館の全ての業務から離れました。

リニュウアル工事完了、引き渡し直後の美術館建物

福岡市美術館リニューアル事業の入札コンペに一緒に参加しないかと誘っていただいたのが2015年春。大林組を代表企業とするグループのブランディング・広報戦略を担当する一員として選考会に参加することとなり、連日の議論、提案書の作成、プレゼンを経て10月30日に決定の連絡。
それから5年半、グループのキックオフからほぼ6年間福岡市美術館と関わってきました。
長いようであっという間の6年。

2015年春に小学校に入学した子ならば、この3月で卒業し、4月からは中学生です。

昨日、美術館の閉館時刻の午後5時30分、媒体社やメディアのみなさんへ4月1日から担当窓口が変わる旨のメールを最後に配信し、福岡市美術館広報パートナーから卒業いたしました。
まだ最終の報告書の作成・提出など残ってはいますが、本日午前中で各種アカウントの削除を行い一区切りです。 
 
この6年間、福岡でのリアルな場がある仕事はほぼ福岡市美術館でしたので、今日からは全くのフリーアドレス。このコロナ禍でリモートワークが進み、東京のクライアントさんとも1年以上リアルで顔を会わすことなく順調に仕事は進んでいます。昨夜から今朝にかけては、ECサイトの消費税総額表示への移行最終確認などでバタついていましたが、それも電話とメールで完結し一段落。
そういえば、2019年にベルギーへ1週間取材で出かけたときにも、時差(現地で取材中は日本は夜)もあり特に支障なく仕事は進みました。 昨年の手術入院の時も、病室にポケットWifiとPCを持ち込んで普通に仕事してました。もう、オフィスに縛られる時代ではなくなったのだと痛感します。
 
次の入学先(福岡でのリアルな現場仕事)が決まるまで少し都会を離れ、好きな渓流釣り(flyfishing)を楽しみながらワーケーションを実践してみようかなどとも考えています。長崎県広報パートナー(福岡圏担当)としての仕事は継続していますが、現場は頼れるスタッフがしっかりやってくれています。ビデオ会議の時だけはPCの前に戻らないとならないですが、メールや電話だけなら川にいても対応できますからね。
 
私たち(株)ブライト・ウェイは福岡市美術館の仕事から離れましたが、引き続き福岡市美術館にご注目、足をお運びいただければと思います。 
 

2021年2月1日月曜日

フードデリバリーを悪者にするのはお門違い。

ここ暫く、ニュースも世間の話題も新型コロナ一色。医療の専門家ではないので、ここでコロナについてあれこれと書くのもどうかと思い、暫く更新がストップしていました。

今朝テレビを見ていると、フードデリバリーの自転車やバイクに対して、嫌がらせやあおり運転をするドライバーがいると取り上げていました。被害に遭ったデリバリースタッフがいる一方で、逆走、信号無視などのルール違反や無謀運転をするデリバリーの自転車映像を流しながら、フードデリバリーの配達員のマナーの悪さも指摘していました。

https://1.bp.blogspot.com/-5iwZ8crIbTU/XFPNRTXOHcI/AAAAAAABRVo/lFOSAhZ6ecEcBLzz6vtDj_VSagTI7tGMQCLcBGAs/s800/delivery_jitensya.png 

しかし、 この取り上げ方はちょっと的外れだと思いましたので、久しぶりにこのブログを更新することにしました。

目立つから標的にされている

実際に車を運転していて怖いのは、フードデリバリーよりも高齢でふらつく自転車や子どもを乗せて猛スピードで車道を走る電動アシスト付きの子ども乗せ自転車だったり、平気で逆走してくる高齢者や女性の自転車だったりです。福岡では歩いていても、普通の自転車に危ない思いをすることは日常茶飯事です。デリバリーの自転車はむしろ体力のある男性(中には女性もいますが)がしっかり漕いでいるし、看板を背負っているという意識もあるのか、私はそんなに無茶な運転を見かけることはありません。

自動車同様に、オートバイや自転車に乗る人のうちある一定数はルール無視、マナー違反などの粗暴運転をする人や、運転スキルが低い人はいます。そもそも自転車には免許は必要ありませんし、中高年齢者は自転車の運転マナー教習など受けていません。運転免許を持っていなければ、道路交通法もほとんど知りません。しかし、違反すれば罰則もあれば罰金、懲役だって科せられるのです。

フードデリバリーの仕事をしている人がルール・マナー違反をすると、目立つカバンを背負ったりユニフォームを着たりしているので特定されてしまっているにすぎません。フードデリバリーの配達員だから悪いのではなく、交通ルール無視やマナー違反をする人間が悪いのであり、その人間を特定できるようにすれば良いのです。
(そもそもそんな人間を雇わなければ良いということもありますが、事前に見定めるのは困難です)

放送ではバッグのロゴをガムテープで隠している配達員にインタビューしていました。彼は「ロゴを見て嫌がらせを受けることがあるから」というようなことを答えていたと思いますが、ロゴを隠してもその容姿からデリバリースタッフであることは一目瞭然です。しかし、デリバリーが悪いのではないはずです。

運転者を特定できるようにすれば

問題にすべきは、「デリバリー」よりも運転者は「誰」か。

シェアデリバリーサービスも、これからは配送のクオリティが求められるようになるでしょう。自社で料理を作るわけではなく、届けるだけのサービスですから、求められるクオリティは配達スタッフにかかっています。配達スタッフ一人一人の配送クオリティを評価できなければなりません。スマホで管理するだけでなく、第三者の目も活用すべきです。

他の業種でも、従業員の不正やミス・トラブルを無くすために様々な工夫を凝らしますが、そもそもその原因となる要素を排除することが一番の対策です。スーパーのレジであれば打ち間違いを無くすためにバーコード読み込みにする、お金の受け渡しでミスがないよう自動支払機で払う、人が介在しないセルフレジにするなどと進化してきました。コンビニでは防犯カメラが従業員の不正抑止にもなっています。

デリバリーでも今はドライブレコーダーやスマホ、防犯カメラなどいろんな所で記録されています。自動車やオートバイであればナンバーで特定できますが、自転車にはナンバープレートがないので特定できません。しかし、特定できるようにする方法は簡単です。デリバリーの運営会社がその気になれば、配達員を特定できるナンバープレートのような、シリアルナンバーを付ければ良いのです。

最初から大きくシリアルナンバーが印刷されたバッグを渡せば隠しようがありません。問題が報告されれば、動画ですぐに特定されてしまいます。問題に対してどのような処分を課すかも十分認知されていれば、自然とルール・マナー違反は犯さなくなるはずです。

2020年、福岡県での自転車事故は

コロナ禍で、食べ物だけでなく様々なデリバリーを利用する機会が増えています。既に社会インフラとも言えるデリバリーサービスです。そのうちにロボットが配達する時代がやってくるのかもしれませんが、それまでの過渡期には一歩一歩進化するしかありません。

福岡県令和2年12月自転車関連交通事故発生状況

これ(上記リンク)を見れば、問題にすべき点がそもそも違うこともわかります。昨年、自転車事故で9人も亡くなっています。65歳以上が関わる事故は7件に1件以上です。

特定の集団を責めるのではなく、自転車を運転する全ての人に道路交通法や自転車走行上のルールとマナー、罰則などを認知させ、安全運転を徹底することがまずは大事ではないでしょうか。