2017年5月20日土曜日

メルカリが変えるリユース市場とブランド価値

いろいろな意味で「メルカリ」が話題です。
メルカリ」は、誰でも簡単に自分の物を個人間で売り買いできるスマートフォンのフリマアプリです。リアルなフリーマーケットのように、自分で値付けをして出品し、欲しいと思った人がそれを早い者勝ちで購入するという解り易い仕組みです。ブランド物や衣類、家電等に留まらず、トイレットペーパーの芯まで出品されるそうです。

ヤフオク!などのオークションサイトだと時間内で落札価格を競り合って、一番高値を付けた人が購入する権利を得ます。一方、フリマでは出品された時点で価格は決まっているので市場が価格を決めると言うよりも、マッチングによる物流と言えます。その時、その商品を欲しいと思う人がいて、提示された金額が妥当だと思えば売買は成立します。場合によっては市場相場よりも高い値付けの物も購入されているようです。最近は、紙幣が額面よりも高い価格で出品されて問題にもなりました。昔から有るカードのショッピング枠の現金化ですね。機会コストならぬ機会価格と言えば良いのでしょうか。

東洋経済ONLINE
 「メルカリに食われる」、リユース業界の悲鳴 より
この「メルカリ」の利用者が爆発的に増えて、様々な所で影響が出ています。ブライト・ウェイが運営する育児のポータルサイト【こそだて】の、無料でお下がりを譲る「こそだてバザール」は、出品が激減しました。「こそだてバザールだと無料ですが、メルカリで売れれば、少しでも現金収入が得られます。

東洋経済ONLINEでは 「メルカリに食われる」、リユース業界の悲鳴 と題する記事を掲載しました。この記事によると、リユース市場はメルカリに商品が流れてしまって、仕入れも売り上げも大幅に減少していると言います。 

買い取りショップや質店に商品を持ち込んでも、特別なプレミアム商品で無ければ、ガッカリするような価格が提示されます。売る側からすれば、一つ一つの品物には愛着や思い出も有り、自己査定額は市場価値よりも高くなりがちで、なおさらそのギャップは大きくなります。
先日母が誰も着ることがなくなった、有名ブランドのミンクのコート(数十万円で購入して、手入れもきちんとしてありました)を買い取りショップに持って行ったら、提示された価格は3000円でした。母は肩を落としていましたが、持っていても場所を取るだけなので手放しました。
これがメルカリだと、そんな思いや来歴なども表明しながら、あるいは物語付きで価格を設定して出品することができます。
「物」消費から「コト」消費と言われますが、メルカリに出品される商品は、それぞれに持ち主がいて物語があります。持ち主の思いや物語も受け継ぐ形でその価格に納得して購入を決定します。物理的な市場の商品価値ではなく、その1点に対する共感も価格に含まれているのかもしれません。
1点ずつの写真に説明文。「いいね!」を押すような感覚でその価格に納得し購入を決める、SNSの延長にメルカリがあるとも言えます。

母のミンクのコートも、メルカリでその来歴と思いを添えて、数万円の価格を付けて売ったら、売れていたのでしょうか。




2017年4月28日金曜日

amazon詐欺の被害者としてテレビ取材を受けて

amazonマーケットプレイスの詐欺店舗にだまされ、ブログを書いたのは2日前。
前後してネット上ではamazonに同様の詐欺店舗が大量に出現し、多くの被害がでていることが明らかになって来ました。そして昨日、日本テレビの「スッキリ!!」のディレクターさんから事務所に電話が。マーケットプレイスでの被害についてテレビに出て欲しいと言うのです。しかも28日の朝。
まず、私は福岡にいて東京に移動する時間は無いと告げると、「電話インタビューでの出演で結構です」と。普段は取材を依頼したりコーディネートする立場なのに、詐欺に遭った話での出演なんて恥ずかしい。出演を渋っていると、「これ以上の被害を出さないためにも協力をお願いします」と、僕にとっては殺し文句を突きつけられました。それでは、名前や個人を特定できる情報は出さないと言うことで取材に応じることにしました。

報道ワイドショーの危機管理


「スッキリ!!」は日本テレビ系列の午前8時からの報道ワイド番組。阿部レポーターが事件を追い、現場からレポートするスタイルが定番です。ディレクターは、「今回のamazonの件を徹底的に追求したいと思っています。ご協力ください」ということだったので、私もできるだけ情報提供することにしました。と同時にこちらからも質問をしました。

「どうして私の事務所にたどりついたのでしょうか?」
これは容易に想像が付きましたが、一応の確認です。やはりネットでamazonのマーケットプレイスの詐欺サイトが話題になり、永江君のブログに行き着きます。そこに被害者となった私のFBの書き込みの画面キャプチャが顔のアイコン付きで、名前もそのまま掲載されています。名前で検索すれば、珍しい名前ですから、FBでもGoogle検索でもすぐに私の先の反省ブログにたどり着き、事務所に電話となったというでした。

その後、ディレクターさんとの何度かの電話とメールでのやりとりの後に電話取材となったのですが、この取材前のやりとりが報道の現場の危機管理を垣間見る良い機会となりました。

テレビ局からはいくつかの確認事項がありました。もちろん、ディレクターさんは私のブログを読んで経緯は知った上でのやりとりです。

1,私が被害者であることの証明
  過去には、売名行為を目的に被害者を装ってテレビに出た人がいて、後に問題になった事例もあるそうです。ブログやネットでは偽装した書き込みや投稿が溢れています。私が本当にamazonで被害に遭っているのかどうかは確認する必要があります。
amazonからの確認メールなどを転送して確認して貰いました。

2,購入したマーケットプレースの住所
  私はブログにも書いていますが、購入したお店の住所を確認していました。今、その出店社のアカウントからは住所も削除されていますので確認できなくなっていますが、たまたまその住所が東京タワーだったので覚えていました。ディレクターさんが「徹底的に追求」といっていましたが、その意味はオンエアを見てわかりました。

そして、下打ち合わせと事実確認を済ませて取材の電話を待つことになりました。

電話をかけてきたのは阿部リポーター


約束の時刻に携帯が鳴ります。ディレクターさんと確認で話をしていると、先方の声を携帯のマイクが拾ってしまっていると言います。スピーカーホンでもないのにどうしたことでしょうか。どうしても改善しないので、固定電話の方へかけ直してもらい、今度はOKとなりました。やはり電話取材とは言え、視聴者に聞きやすい音声を届けたいというプロ意識が伝わってきます。
そして改めて以下の注意点を確認しました。

・購入した店舗の名前は言わない-まだ詐欺が確定した訳ではないからです
・名前や個人情報を口にしない-個人情報の保護と同時に、売名行為に繋がらないように
そしてインタビュアーとして電話を替わったのは、あの阿部リポーターでした。なんだかいきなり「大事件」の雰囲気です。質問は事前に確認したことだったので、難なく終了しました。

オンエアでわかった事


そして今日のオンエア。
被害者の一人として私の電話インタビューが流されました。私のコメントの時間は短時間でしたが、番組を見ていて色々な事がわかりました。まず、私が購入したお店があった住所を阿部リポーターが実際に取材で訪問していたことには驚きました。私が住所を告げたのは昨日出かける直前の15時半くらいでしたから、それからすぐに動いたのでしょう。
私が購入したショップのレビューについても★一つで散々なコメントばかりだったと伝えていたのですが、今日のオンエアでは400件以上のコメントが有ったと言っています。あれから、数えたということでしょう。 それにしても400件を超えるコメントがあるということは、その数倍の被害がこの1店舗だけでもあると見て良いでしょう。ということは、amazon全体ではどのくらいの被害者が出ているのか怖いくらいです。

いち早くamazonの問題を取り上げた日本テレビ「スッキリ!!」の報道を受けて、いずれ他のメディアでもこの件を追い始めることh間違いないでしょう。amazonが早急に対策に動くことを期待しています。





2017年4月26日水曜日

amazonマーケットプレイスの詐欺店舗にだまされて

先週雨の月曜日、福岡空港の搭乗手続きカウンターに傘を忘れ、それに気がついたのは飛行機の中でした。東京も雨が降っていたものの、濡れるのは最後の駅から自宅までの200mほどと諦め、濡れながら帰宅しました。
そして、落ち着いたところで傘を購入しようとamazonを開きます。移動が多く、あくまでも出先での急な雨に備える緊急用の折りたたみ傘なので、軽い2つ折り、ジャンプ機能のない、安いのを見つけて購入ボタンを押しました。到着予定は日曜日。普段ならすぐに発送されるprimeの商品から選ぶのですが、天気予報では暫く雨が降る予報は無く、急ぐ物ではない上にこの傘は送料無料だったので、そのまま購入ボタンを押しました。すると、日曜日到着予定のはずがすぐに発送手配済みのメールが来て、amazonの配送ステータスも発送完了に。

そのまま時間は流れ、到着予定の日曜日にはしかし何も届きません。送料無料だったのでメール便か定形外かそんな物で送っているから遅れているのかと思いながら翌月曜日の朝メールを見ると、amazonから「ご注文の返金について」というメール。返金理由は「アカウントの調整」。
どういうことなんだろうとamazonの購入履歴ページで配送ステータスを確認すると配達中になったままです。
どういうことなのかとamazon(出店者)に問い合わせメールを送りました。と同時に何か嫌な予感がして出店社の評価レビューページを開くと★1つがずらっと並び、私と同じ状況の購入者が当日の日付で多くのクレーム評価を書き込んでいました。そこで初めて悪い出店社に引っかかったことを知ります。
このことをFacebookに書き込むと、リクルート同期の友人でITコンサルタントの永江君からamazonのマーケットプレースで詐欺サイトが大量に発生していることを報されます。その詐欺サイトの詳細は、私の書き込みをネタに彼が詳しくブログに紹介していますのでご覧ください。

【緊急警報】Amazonで世界規模の大中華詐欺が勃発中!! 被害者にならないために


私が傘を購入しようとしたAK's BOOKの住所は東京タワー。東京タワーのテナントの書店がネット通販をしているのかと思ったらとんでもなかったという訳です。
amazonからのメールにあった返金理由の「アカウントの調整」というのは、amazon側でAK's BOOKのアカウントを取り消して返金しているということなのでしょう。どうやらamazonのマーケットプレイスでは、発送完了をするとamazon側へ請求できるようです。その入金を確認するまでは怪しまれないように発送から到着予定日までを永く取っていたようです。入金が確認されるとすぐに口座を閉じて姿をくらますというのが手口のようです。金銭的な被害は無かったものの今後は私の名前や住所が詐欺に使われる可能性も残っています。

永江君のブログは読者も多く、数十万人に私の顔と名前が見られたことになります。このような仕事をしていながら詐欺サイトに引っかかるという失態を犯し、自業自得です。スタッフからも叱られてしまいました。自ら深く反省すると共に私のまわりで同じ被害に遭う人が現れないよう書かせていただきました。

今後もし私の名前でマーケットプレイスの出店があったら詐欺サイトですのでご注意ください。




2017年3月30日木曜日

九州初出店!料理持ち込み自由、出前も可、果実酒飲み放題の SHUGAR MARKET


九州に初出店の新業態、SHUGAR MARKETリカー・イノベーション株式会社様)オープンに先立ち開催される、メディア向けレセプションとPRのお手伝いをさせていただいています。東京で若い女性に大人気の、果実酒飲み放題のお店です。

東京では、SNSを活用したプロモーションが成功し、予約が取れないお店となっています。
なんと、東京では1か月先まで予約で満席だそうです。

そこで、昨日開催しました内覧会・レセプションにはメディア各社に加え、インフルエンサーやSNSで拡散力のある人達にお声かけしました。また、クライアント様が若いインスタグラマー(モデルさんや学生さん)にも声をかけ、当日の会場はいつものメディア向けイベントよりもひときわ華やかに賑わった印象でした。

SHUGAR MARKETのシステム


・入店時に3240円を支払ったら、閉店まで飲み放題
・途中、入出店自由。入店時に押したブラックライトで光るスタンプが再入店許可証。ディズニーランドと同じシステム
食事の持ち込み自由。ピザや宅配寿司などの出前も可能。途中、近くのお店でテイクアウトの惣菜などを購入して戻ることも可
・飲み物は、果実酒・梅酒100種類に加え、ビールやソフトドリンクも飲み放題
 自分で冷蔵庫からボトルを取りだして、自由に注いで飲むスタイル
・デザートにアイスクリームも食べ放題。数種類用意してあるシロップやトッピング、あるいは果実酒をかけてとアレンジは様々
・お皿やお箸、カトラリーはお店に用意

レセプションでは、福岡の老舗CAFEのSONESさんにケイタリングを依頼。華やかな果実酒にピッタリマッチした、これまた華やかなオードブルを用意していただき、大好評でした。

実際の店舗利用のイメージは、数人で近くのデパ地下やスーパーで好きな惣菜を購入して持ち込めば、一人+1000円でも十分な感じです。もちろん、ポテトチップや乾き物だけでも構いませんが。

今回のレセプションは、19時にスタートし、22時に終了でしたが、ほとんどのお客さまが最初から最後まで退出することなく、様々な果実酒の飲み比べを楽しんでいらっしゃいました。こんな感じですから営業を開始してもお客さまは1日1回転でしょう。100種類を制覇するには、数回足を運ばないと無理でしょうが、予約が取れなくなると、いつまでかかるやら。

これまでにない新しい業態のSHUGAR MARKET、これから福岡でも注目されるに違いありません。

※SHUGAR はSUGARの誤植ではありません。
 果物からできたお酒で 「酒果」から「SHUGAR」としたそうです。



SHUGAR MARKET

帰りにSHUGARちゃんと自撮り
・住所:福岡県福岡市中央区大名1-10-14  2F
・電話番号:092-753-7111
・営業時間: 平日   17:00~23:00(22:45LO)
        土日祝12:00~16:00(15:30LO)
                17:00~23:00(22:45LO)
・定休日:月曜日(予定)
・料金:税別3,000円(時間無制限飲み放題)
・席数:50席(全席着席型)
・正式オープン日:2017年3月31日(金)        
・URL http://shugar.jp/market/fukuokatenjin/ 

ブライト・ウェイへのご相談はこちらから。






2017年3月2日木曜日

「エビデンス」、「海老でんす?」リリースにカタカナ言葉や業界用語は禁物

今日届いたある大手出版社からのリリースで、「これはダメでしょう」というのを見つけてしまったので、少し書いてみます。

ニュースリリースを書く場合にはいくつかの基本となる注意点があります。その一つが、業界用語や専門用語は使わない、できるだけ平易な言葉で書くというもの。カタカナ言葉もできるだけ使わないというのが基本の「き」といえます。
それなのに、大手出版社のリリースでありながら、今時のカタカナ言葉を見つけてしまいました。リリース本文にあった「エビデンスのしっかりした記事」という部分です。 エビデンス(evidence)は、医療や医薬分野で主に使われる用語です。あるいは科学や取引の証拠を示す場合などに使われますが、昨年の「ウェルク」事件まではほとんど一般的には知られていない言葉です。逆にIT系では早速頻繁に使われるようになった感はあります。それだけに注釈も無く、よくネットの「あるある」で揶揄される「なんとなくカッコイイでしょ?」的な空気を感じ取ってしまいます。


ニュースリリースは、基本的にはマスメディア向けの情報提供として書かれています。本来であれば、それを見て取材をして欲しい、記事に書いて欲しいのです。リリースは素材に過ぎず、2次加工された露出を期待している訳です。大きな案件であればマスコミ向けの発表会やイベントを実施することもありますが、そこまで力を入れるケースは極限られます。そこで、できるだけ効率よく露出を確保しようと今時のニュースリリースは、PR会社によってネット配信されるのが普通です(このリリースもそうでした)。しかし、PR会社によりネット配信されると、多くの場合は取材されることなく複数の提携サイトにそのまま、一言一句変更されずに掲載されます。

「海老でんす」「スキー無」「混線さす」他にもいっぱい


今回のこのリリース(ニュース掲載記事)を読んで、どれだけの人がエビデンスを理解できたのか疑問です。

「海老でんす?」って頭の中に海老の映像を浮かべた人もいるかもしれません。同じように、「スキーム」も決算発表記者会見などではよく出る言葉ですが、これも「スキー無?」という人も多いでしょう。「コンセンサス」だって頭の中で「混線さす」と勝手に置き換えている人もいるでしょう。
休止を発表したリクルートR25(残念)の記事にも、「日本語で言え!不快カタカナ語1位」というのがありました。因みに「エビデンス」は3位でした。

この記事から以下引用して不快カタカナ語10位までをご紹介します。
1位 コミットメント(約束、集中する) 
2位 ユーザー(利用者、消費者) 
3位 エビデンス(証拠、確証) 
4位 スペック(能力、性能) 
5位 アジェンダ(議題、課題) 
6位 コンセンサス(合意) 
7位 フィックス(決定) 
8位 ジャストアイディア(思いつき) 
9位 シェア(共有) 
10位 ペンディング(保留、中止) 
日常会話でも不快に思われているカタカナ言葉、よもやリリースに使うことのないように。