2018年5月25日金曜日

内外から猛批判の日本大学。どう対応すれば良かったのか?

日本大学アメリカンフットボール部員が、関西学院大学との試合中に危険なタックルをしたことに端を発する騒動。私はこれまでこのブログで、ポイントになる記者会見を3回取り上げて書きました。

「危機管理学部」を持つ日本大学、常務理事でもある内田監督のありえない会見

息子を「卑怯者にしたくない」父の愛情が支えた、日大アメフト部員会見

日大の緊急会見は謝罪ではなく弁明会見、思い出すのは「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件の会見

特に23日に開いた前監督・コーチの会見は大きな話題となり、アメフト部だけでなく日本大学そのもののあり方にまで批判の目が向けられるようになりました。アメフト部の部員や父母会だけでなく、教職員組合など学内でもミーティングを開いたり声明文を公表したりと、内部からの突き上げも激しくなっています。

今回の対応はどこで間違ったのでしょうか?どうすれば良かったのでしょうか?現在進行形ではありますが、一度整理したいと思います。

クライシス(危機)であることを認識できない


先ず何と言っても、感度の鈍さです。政治家やオーナー企業のTOPなど、絶大な権力を持った人が率いる組織は客観的な視点を持てず、世の中の変化に付いていけないことが往々に有ります。今回もその典型でした。

2007年に立て続けに発覚したミートホープ事件や赤福、石屋製菓のまき直しなどの食品偽装、2013年秋に一斉に報じられたホテル・レストランの料理メニュー偽装表示(バナエイエビを芝エビなど)などは、それまで「その業界では常識」、見て見ぬふりをするのが当たり前だったことです。しかし世間では「非常識、消費者への裏切り行為」だと認識されるようになっているのにも関わらずそれに気づかず、あるいは無視した結果です。
世間は嘘や偽装に対して厳しい目を持つようになり、今ではそのような行為はSNSなどネットですぐに拡散され、誰もが知ることになります。

今回のアメフトの危険行為も、早くからYouTubeにはアップされ、内田前監督も周囲からそれを報され、関学大からの抗議文が届く前に見ていたというような発言がありました(22日の会見)。恐らくこの動画に対しては、批判や問題視するコメントがあったから見つけた人は内田前監督に報せたのでしょうが、それが問題だとは感じなかった(恐らく今でも)のです。
この時に客観的な視点で動画を見、コメントを受けとめていればすぐに対応できたのでしょうが、そうではありませんでした。結果、関学大からの抗議文に対しても木で鼻をくくったような回答文を返すことになります。

日大アメフト部だけでなく、日本大学そのものも、今になってもクライシス(危機)に対する対応をしているようには見受けられず、この状況を危機とは認識していないのではないかとさえ思えます。日本大学には危機管理学部があり、その道の専門家もいるので、いつでも助言を求めることはできるはずですから。

クライシス対応は初動が全て


それでは今回はどの時点で、どのように対応すれば良かったのでしょうか。
クライシスマネジメントの鉄則は初動を間違えないこと。危機を認識したら事実確認と情報収集に務め、状況を見極めてできるだけ早く動くことです。企業の場合は即座に「緊急対策本部」を立ち上げ、できるだけ高位の役職者(基本はTOP)を本部長として事に当たるのが基本です。

今回、危機であると認識するタイミングは大きく2つありました。
1番目は上記の通り、Netに動画がアップされ、それが非難されていると認識した時点。
2番目は関西学院大学から抗議文が送付されたタイミング(10日あるいは受け取った日)。

1番目のネット動画に気がつきすぐに対応を取っていれば、10日の抗議文の前に対応も可能でした。関西学院大が抗議文作成に着手する前に適切な謝罪に出向いていれば、そこでこの問題は世間を騒がすことなく終っていた可能性があります。ところが、上記の通りそれを危機だと受けとめる感度がないのですから、ここで動かなかったのは当然と言えば当然でしょう。

しかし、抗議文を受け取った時点では否が応でも動かざるをえません。回答書を求められているのですから、適切に対応する必要があります。動画を見れば分かるとおり、明らかに危険なプレーであり被害者は全治3週間のケガを負っているのですから、まず事実を認めて謝罪する必要があります。
普通なら、以下の様な対応となります。

1,非を認め、謝罪と回答文持参(説明)のために、翌日(できれば朝一番)のアポイントを取る
2,事実確認をするとともに、何故このプレーが起きたのか、背景と原因の調査・特定
3,責任の所在を明確にし、必要であれば(被害者が納得できる、できるだけ重い)処分を下す
4,再発防止策を提示する

これは、まだ関学大が記者会見をする前を想定した対応ですが、抗議文を送付すると同時に記者会見を開いた場合には、すぐさま会見を開くか1~3についてコメントを公表します。 4については策定中として、後の公表でも良いでしょう。

必要なことは、できるだけ早期に最大限の謝罪の意を表明し、責任転嫁や言い訳をせず、反省と処分、今後への改善・対策を明確に示すことです。そしてもう一つ重要な事は、身内だけで対応せず、客観的な目を持った第三者を入れて進めることです。そうでないと、どうしても自己保身に向いてしまいます。
宮川選手は、そのとおりのお手本のような会見でした。

永い目で見れば膿を出す良い機会に


上記はあくまでも問題を起こした際の基本的な対応に過ぎませんが、実際には、日大アメフト部は責任を回避することに終始します。さらに、日本大学の組織や体質が背景に有り、責任の所在・本質は別な所にあることが見えてきました。

今回仮に上記の様に初動を誤らず大事に至らなかったとしても、それはテクニックとしてその場をしのいだに過ぎなかったでしょう。
日本大学では、いずれまた同じような事がアメフト部以外でも起こることを予感させてしまう対応であり、組織風土の様に思えます。今回このような大問題になったことで、同じ悲劇を繰り返す可能性を残すよりも、(膿を出し切り改善されれば)今後の事を考えると良かったのかもしれないとも思えてきました。
 




2018年5月24日木曜日

日大の緊急会見は謝罪ではなく弁明会見、思い出すのは「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件の会見



昨日、日大アメフト部内田前監督と井上コーチの緊急記者会見が開かれました。
前日の宮川選手の謝罪会見を受けての対応だろうと思われますが、マスコミに会見のお知らせFAXが届いたのは当日の午後7時過ぎ、受け付けは7時半から、開始は8時からというものです。

あまりに突然の記者会見の開催。しかも、直前に文春砲が炸裂し、内田前監督が試合直後に話した音声データが公開されています。これだけ切迫した案内だと、よほどの重要な内容なのだろうとマスコミ各社は推察したはずです。内田前監督は空港での会見発言を撤回し、全てを認める会見をするのか、あるいは学長が世間に対して謝罪するのかもしれないと思いながら会場に集まったのではないでしょうか。

上から目線の考えられない進行


会場は日本大学会館で、仕切りと司会進行は日大広報部の人のようです。しかし、会見が始まると予想とは違う展開となりました。 会見の一部始終は今朝からテレビのニュースや新聞各紙で紹介されていますし、上に貼り付けた動画(The PAGE)でも最初から最後(コーチの退室)まで確認できますので、発言の詳細や内容へのコメントはここではあえていたしません。

体裁は謝罪のようですが、内容は良い訳、弁明に終始しました。謝罪しているようで謝罪していない。非を認めているようで認めない。結局宮川選手が悪いという主張です。

当然記者からは質問が相次ぎますが、ここに司会が度々割って入ります。ネットでも司会進行に対する書き込みが多数有ったようです。
開始1時間45分過ぎあたりから記者と司会者の激しいやりとりが始まります。マイクを通さず記者から「この会見は、みんな見てますよ」という声に対して、司会者は「見てても見てなくてもいいんですけど。同じ質問を繰り返されたら迷惑です」と返し、記者席からは失笑が漏れます。さらに、「司会者のあなたの発言で、日大のブランドが落ちてしまうかもしれないんですよ」というと「落ちません」と即答し、再び笑いが起きる場面もありました。

会見を見終わると、結局何が語られたのかよく分からず、ただただ司会者(日大)の傲慢さだけが印象に残りました。
この、謝罪しているようで責任を認めない会見は、7年前の 「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件の社長の最初の会見(逆ギレ会見と話題になりました)を思い出します。運営会社「フーズ・フォーラス」はその後倒産し、奇しくも今月13日に賠償請求訴訟の判決が下されています

会見の設定事態が逃げる気満々


そもそも、会見の設定が変でした。24日に再回答書を関西学院大に送る予定でしたから、その回答を送るタイミングで会見しても良いものです。それをあえてせずに、会見開始僅か1時間前にマスコミにFAXを送り、しかもそのFAXには会見場所も記されていなかったようです(フジテレビ「特ダネ」での情報)。 報せはするけど来てくれるなといわんばかりです。

通常、午後8時からの会見というのは余程のことがないと設定しません。政府からの緊急の報せや大きな自然災害に関しての気象庁の会見、それ以外では企業不祥事に関してTOPの謝罪会見くらいです。
なぜなら、午後8時台はテレビのゴールデンタイムで報道番組はありません。報道で取り上げて欲しければ絶対に避ける時間帯です。日中の会見だと、どこかしらの局がライブで放映可能ですが、8時台は急に番組の編成を替えることはできないのでライブ放映するところはありません。実際、会見をライブで流したのはネットメディアだけでした。

会見場では、記者の質問用に用意されたマイクは1本だけで、それも係の人が渡すのではなく、会場の記者が手渡しリレーで送っていたというのです。これではマイクから遠い記者はマイクが動いている合間に発言したくなります。時間稼ぎをして質問をできるだけ少なくし、時間切れを狙ったようにも見えてしまいます。
実際、この会見内容なら、こんなに緊急に設定せず、今日24日の午後で十分でした。

これは明らかにほっかむりをして、時間が経てば他の話題に隠れて忘れ去られるだろうと逃げる作戦です。司会者の「見てても見てなくてもいいんですけど」との発言は見てくれない方がいいんですけど」というのが本音でしょう。

結果としては日本大学構内で、日本大学広報部が仕切った会見でこの有様を世間に晒してしまいました。日本大学は巨人軍の球団公式スポンサーだったようですが、日大に関する広告を外したそうです。日大アメフト部だけでなく、日本大学に対する視線は一層厳しいものになったことは明かです。





2018年5月22日火曜日

息子を「卑怯者にしたくない」父の愛情が支えた、日大アメフト部員会見


関西学院大学とのアメリカンフットボールの試合で、危険なタックルをして関学大QBの選手にケガをさせた日大アメフト部の宮川選手が、本日記者会見を開きました。
加害者である宮川選手の謝罪会見ですが、ここ最近の謝罪会見とは少し様相が異なっていました。

日本記者クラブの異例の対応


会見場は日本記者クラブ。会見の進行役は記者クラブの企画委員である、スポーツニッポン新聞社の方です。
まず、進行役が記者クラブで会見を行うことになった経緯などを説明します。それによると、試合後マスコミの取材を受けてこなかった加害選手の「記者会見を、日本記者クラブで行いたい」との要望が代理人(弁護士)を通じて申し入れられたと言うことです。それに対し、「社会を騒がせている事案であり、真実を知るには本人の説明が不可欠」と判断して申し入れを受けたということが説明されました。
また、記者クラブの取り決めとして「会見時に弁護士の同席は認めないことになっているが、今回については会見者が20歳になったばかりの学生さんであり、今後の(発言による)責任問題などを考慮して、代理人である弁護士の同席を特例として認めた」ことも告げられました。

家族で危機に向き合った姿


続いて、代理人である2名の弁護士(西畠正氏、薬師寺孝亮氏)から、顔出し・本名を隠さず会見に至った経緯と両親の思い、謝罪の意を明確にしたい旨などが話されました。また、「これから長い将来のある若者であり、この先どのような不測の事態が起こるかもわからない、被害を被らないよう」代理人の立場からマスコミに対して配慮を求めました。
その後、 会見の主旨と開くに至った経緯の説明(←マスコミに配付された主旨と経過 参照)がありました。

経緯の説明では、試合の後、宮川選手とそのご両親は、関学大の被害学生に対して、早くから謝罪のために接触を試みようとしていたことがわかります。しかし監督・コーチからは個別に謝罪に出向くことを認めて貰えません。そして15日、日大アメフト部から関学大に対して回答書が送られ、その中では監督・コーチからの指示でタックルをしたことが否定されていました。謝罪もできない上に、このままでは宮川選手が勝手に行動をして怪我をさせたことになりかねない。そこで宮川選手のお父さんが西畠弁護士の元を訪れたということでした。

翌日、両弁護士が宮川選手から詳細な聞き取りを行い(陳述書はこの聞き取りを元に作成されたのでしょう)、同時に関西学院大へ個人的に謝罪に出向きたいと申し入れをしました。その申し入れは受け入れられ、18日に宮川選手と両親で謝罪に出向いています。
この経緯を見ると、宮川選手のお父さんは関学大アメフト部から日大アメフト部に申し入れ書が送られた翌日の11日以降、ずっと仕事を休んで宮川選手につきっきりだったようです。10日以上家族の為にずっと走り回り、家族がひとつになって今回の問題に向き合っていたことがこの会見から伝わってきました。

恐らく記者クラブとも入念に打ちあわせをしたはずです。十分な準備をして臨んだ会見は、宮川選手本人の決意とそれを支えた両親、息子に卑怯者の誹りを向けさせたくないという父(と代理人)の思いが会見場を支配していたように見えました。

記者会見の全容は、上に貼った動画(SankeiNews)と、マスコミ各社の報道でご確認ください。以下は、陳述書の全文を書き起こしたハフポスト記事です。
危険タックルの日大アメフト選手「1プレー目で潰せば出してやる、と言われた」(陳述書全文)

この会見を受けて、24日に予定されている再回答書を含め、日本大学はこれからどのような対応をするのか、日本中が見守ることになります。対応次第では来年の学生募集や卒業生の就職にも影響しかねない重大な局面を迎えそうです。




2018年5月21日月曜日

「危機管理学部」を持つ日本大学、常務理事でもある内田監督のありえない会見


5月6日に行われた日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボール定期戦で、日大の選手がボールを持っていないクォーターバックの選手にタックルをして全治3週間のケガをさせたなど、「意図的で危険」なプレーを繰り返したことに対して抗議文(10日付け)を送付したと、関西学院大学が12日に会見を行いました。
(経緯は朝日新聞の記事「アメフト日大との定期戦取りやめも 関学大が抗議文」などに)

その会見で提供された当該試合のプレー動画は繰り返しテレビの報道番組などで流され批判が高まり、日大の対応に注目が集まっていました。
そして15日、日大からの回答書がアメフト部コーチによって関学大に持参され、それを受けて17日に関学大が再び会見を開きました。
「疑問、疑念を解消できておらず、誠意のある回答とは判断しかねる」との見解を表明し、日大側の24日までの再回答を待つとしました。
日大回答は「疑念を解消できず」 関学大会見 - 毎日新聞ー会見動画有り
日大回答は「疑念を解消できず」 関学大会見

ところが19日(土)、日大の内田監督は、関学大に謝罪と説明に行った帰りという伊丹空港で突然会見を行いました(上の動画)。さらに到着した羽田空港でも再び会見をしました。


危機管理学部はお飾り?


内田監督は、1度目はピンクのネクタイで会見に臨み、関西学院大学を「かんさいがくいんだいがく」と名前を間違えるなど、そもそも会見内容について語る以前の問題です。何も事前準備をしないまま会見に臨んだことは明らかです。羽田空港の2度目の会見ではピンクのネクタイを外し、名前も正しく「かんせいがくいん」としていましたから、移動する機内で指摘されたのでしょう。2度とも内田監督は「全て私の責任」を繰り返すばかりで、何も重要な事は明らかにしていません。日本大学には広報部もあるはずですが、「一人で責任をとれ」と大学から突き放されたのでしょうか。あるいは自分が責任を取るといえば、騒動は収まると思って一人で対応しているのでしょうか。

日大アメフト部の監督である内田正人氏は、日大の常務理事でもあり、報道では大学の実質ナンバー2ということです。今回の騒動は、日大アメフト部のみならず、アメリカンフットボールというスポーツのイメージも日本大学という大学のイメージも同時に大きく毀損しかねないものです。既にマスコミにも大きく取り上げられ、世間の耳目を集める問題に発展している中で、大学としても最優先で対応しなければならない案件のはず。しかも驚くことに、日本大学には「危機管理学部」が設置されています。

危機管理学部」の教授陣は危機管理の専門家であるはずですし、5月12日の関学大の会見を受けて何かしらの行動(事実関係の確認、大学・アメフト部への問い合わせ、危機管理の専門家としての助言)に移っているはずです。少なくとも私なら、すぐに関係者にアプローチして「翌日の5月13日には何かしらの会見かコメントを発表する準備を」、と助言したはずです。しかし、その後の15日の回答書、19日の内田監督の会見ともに危機管理の専門家がサポートした形跡は見受けられません。自分達が所属する大学の危機に際して、何も動かなかったのでしょうか?

今日、タックルを受けた関学大の学生の父親が、警察に被害届けを出したそうです。これからは警察の捜査も始まることになります。
サイトの理事長あいさつでは「日本一教育力のある大学」を目指すという日本大学ですが、今回の対応の仕方次第では、その「教育力」自体にも疑問符が付きかねません。
日大には法学部も有り法律の専門家もたくさんいらっしゃいます。 今後、どのような展開になるかも普通に想定できるはずですから、学内の専門家を総動員して目の前に迫る危機に対処するのでしょう。ある意味、大学の総合力を検証されるような事態になりました。

24日の回答書の再提出、恐らくその提出後に開かれる会見に注目したいと思います。





2018年5月19日土曜日

福岡市は年間300回以上寄港するクルーズ船を観光資源にするべき

大分に出張するときには,もっぱら天神から高速バスを利用しています。バスは長浜から北向きに都市高速に乗り、入ってすぐの分岐を右に進み左手に博多湾を臨みながら暫く東へ進みます。間もなく再び右に進路を変えて南を目指します。
都市高速は高架になっているうえに、乗用車よりも更に視点が高いバスの車窓からはほとんど視線を遮る物なく景色を楽しむ事ができます。天神から高速に入り東進している僅かな時間、マリンメッセの先に大型のクルーズ船が停まっているのをかなりの確率で見ることができます。
5月17日に入港したCOSTA FORTUNA (高速バスの車窓より)
私は子どもの頃船乗りに憧れ、一時商船大学を目指していたことがあります。大学ではヨット部でしたし、海外の港町に行くと、ヨットや帆船だけでなく大きな船を見るのも楽しみです(本当は乗りたいのですが…)。 
ということもあり今では、停泊するクルーズ船を見るのが高速バスに乗る楽しみの一つとなっています。 

博多港は日本一のクルーズ船寄港地


博多港は、訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数で3年連続日本一です。それ以前、2014年まではずっと「港町横浜」が1位でした。
2017年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(速報値)

Fukuoka Facts より
今年(平成30年)も福岡港湾空港局のデータ-クルーズ客船入港予定(岸壁予約)-によると314回の寄港が予定されています。回数が314回でそのうち11回は複数泊ですので、1年のうち約330日、ほぼ9割の確率で大型クルーズ船が停泊していることになります。

一昨年でしたか私はある日、大型クルーズ船を近くで見ようと休みの日に車で中央埠頭に向かいました。大博通りを北に走り、福岡サンパレスに突き当たるT字路を右に折れ、国際会議場、マリンメッセを左に見ながら中央埠頭に。しかしなんとその日はクルーズ船の姿はありませんでした。事前にネットで調べて行けば良かったのですが、いつも停泊しているイメージがあったのできっと大丈夫だろうと高をくくって港まで行ってしまいました。
あれだけ巨大なクルーズ船ですから、港まで行かなくても途中で船がいるかいないかはわかりそうだと思う人もいるかもしれません。しかし、博多港の状況だと中央埠頭に巨大なクルーズ船が停泊していても市街地からはもちろん、近くまで行ってもなかなかその姿が見えないのです。巨大なクルーズ船も隔離されたような状態で、市民の目からは遠い存在となっています。

博多は交易で栄えた港町であるはずなのに


福岡・博多は交易で栄えた港町でもあります。現在も大型クルーズ船が日本で一番多く寄港し、全国で10位の水揚げ高を誇る漁港(しかも平成28年の取扱金額は438.79億円で全国主要20漁港中1位)も造船所もあります。長崎や神戸、横浜とならぶ立派な港湾都市のはずです。しかし現在の福岡市は、空港が市街地から近く交通の便が良い商業都市のイメージは有っても港町のイメージはありません。横浜の場合は海岸線に沿って観光地となる赤レンガ倉庫や山下公園などもあり、大桟橋に寄港するクルーズ船も都市景観の一部となっています。クルーズ船が停泊していれば、自然と多くの人の目に入ります。しかし博多港の場合は都市高速からは見えても、陸地側からはマリンメッセや国際会議場、福岡サンパレス、倉庫群、それに都市高速などが視界を遮り、その姿は見えないのです。
福岡コンベンションビューローのサイトでも、福岡市の公式観光サイトよかなびでも、観光地としての「港」が紹介される事はありません。実態として横浜を超える日本一の港町なのに、自らそこに目を向けようとしていません。

クルーズ船のお客ではなく船に目を向ける


数千人(最大定員で5000人弱)を乗せた巨大なクルーズ船が入港すると、乗客は限られた時間で市内観光や買い物に出かけるために一度に多くの大型観光バスが必要になります。場合によってはバスの争奪戦となり、学校の遠足やバスツアーなどでもバスが手配できないという話も聞きます。また、いっせいに同じ目的地に向かうために、駐車場や道路を多くの観光バスが占領するなどの弊害も語られています。 様々な条件が整わないと寄港地として選ばれることはありませんから、寄港を望む港からすれば贅沢な悩みかもしれません。
しかし、船からはき出される人ではなく船に目を向けるとどうでしょう?

日本が誇る豪華客船「飛鳥Ⅱ」の全長は240m。普通の港ならこの船が入港するだけでも話題になります。しかし福岡に入港するクルーズ船は300mを超える巨大な船が珍しくありません。誰もが知っている外洋クルーズ船と言えば「クイーンエリザベス3」(全長294m)ですが、それよりも大きな船が今年もこれから何度も入港する予定です。そんな大きな船が港に入る景色は何処ででも見られるものではありません。

上の写真の「COSTA FORTUNA」の全長は 272.2m。タイタニック号(269.1m)とほぼ同じ全長(総トン数は倍以上)です。このような船が入港するとわかれば、見に行こうという人もいるでしょうし、Insta映えする写真も撮れるでしょう。それなのに、ほとんど注目される事はないのです。なんともったいないことでしょう。せっかくむこうからやって来てくれているのに、です。

中央埠頭に向けた定点カメラを設置して、24時間ライブのネット配信も良いかもしれません(流すだけならコストはほとんどかかりません)。クルーズ船の寄港予定がもっとオープンに(例えば朝のTVやラジオ番組で今日の入港クルーズ船情報を伝えるとか)なれば、クルーズ船の姿を見に行く人、巨大な船の着岸風景を見に行く人、船の多くの人に手を振りに行く人……いろいろな人がクルーズ船に引き寄せられるように港に足を運ぶことでしょう。
対岸の博多埠頭からは毎日クルーズ船の出入りも眺められるということで、ベイサイドプレイスの魅力も増し、訪れる人も増えるのではないでしょうか。

巨大なクルーズ船が停泊している博多港の風景が定着すれば、福岡市の魅力は更に増すはずです。