2018年6月21日木曜日

同質性が強い組織では、社会的視点を無くして権力者に尻尾を振る、問題が見えなくなる

6月15日の受動喫煙対策強化を目指す健康増進法改正案を審議した衆院厚生労働委員会で、参考人として招かれたがん患者が意見を述べている最中に、自民党の穴見陽一議員が「いい加減にしろ!」とヤジを飛ばしていたとして炎上しています。

本業ジョイフルへの影響も?


きっかけは今日のBuzzFeedが報じた
受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員「いい加減にしろ!」
ネットでは穴見議員に対する批判が巻き起こり、毎日新聞でも
自民議員、がん患者にやじ 受動喫煙巡り衆院厚労委
と、患者団体が反発していることを報じています。

穴見陽一議員は、九州では馴染みのあるファミリーレストランチェーン「ジョイフル」の代表者でもあります。ネットでは、「ジョイフルには二度と行かない」など、ジョイフルボイコットの声まで上がる事態です。

同質集団が抱える潜在的な問題


今日の新聞で、もう一つ目に付いた記事があります。 
経団連、この恐るべき同質集団
この記事によると、経団連の正・副会長は
(1)全員男性で女性ゼロ(2)全員日本人で外国人ゼロ(3)一番若い杉森務副会長(JXTGエネルギー社長)でも62歳。30代、40代はおろか50代もいない。
19人の正副会長全員のだれ一人として転職経験がないのだ。別の言い方をすれば、全員が大学を出て今の会社の門をたたき、細かくみれば曲折があったにせよ、ほぼ順調に出世の階段を上ってきた人物であるということだ。
そして、
日本企業がかつて躍進したのは社員の同質性が高く、それが品質の改良などに威力を発揮したからだ。だが、近年は同質性より異質性が重要になった。異なるモノの見方や経験がぶつかり合うことで、そこにイノベーションが生まれる。
 移民や外国人の活躍する米シリコンバレーの繁栄がその証しであり、逆に同質性を色濃く引きずる日本企業は失速した。

とあります。
話がいきなり経団連に飛んでしまいましたが、穴見議員の発言は今の政府自民党がこのような同質性を求めている現れではないかと思えてくるのです。穴見議員ではなく経営者の穴見陽一氏であれば、現場に出てお客様の顔を見、そこで食事を楽しむファミリーの姿を想像することができるはずなので、このような野次は出なかったかもしれません。

しかし、自民党のほとんどの重鎮議員は愛煙家で、受動喫煙対策強化を望んでいません。自民党議員という立場で衆院厚生労働委員会の場に臨むと、「愛煙家の集まりとしての政府自民党」の一員として上司に尻尾を振るような言動になってしまうのでしょう。これまでも国会や地方議会で不用意な野次を飛ばして問題になる議員がいましたが、「普通の感覚や視点」を忘れて、そこにいる「同質集団の中でのパフォーマンス」を演じてしまうのです。

このような傾向は、企業や行政組織、NPOやNGOなどでもありますし、直近では日本大学アメフト部の問題がまさにここに起因していたと言えます。 同質集団の空気を崩さないばかりか、そこで優れたパフォーマンスを示して認めて貰おうという欲求や圧力が生まれたときに、社会一般の常識や視点を無視してしまうのです。
また逆の例が神戸製鋼や三菱マテリアル、スバルや三菱自動車などデータ改ざんや隠蔽といった、常識的には悪い事だとすぐわかる事でも、その組織では正当化してしまうような空気と歴史を作ってしまうのです。

私が経営課題解決の相談を受けて取りかかるときには、主要なメンバー(企業規模によっては従業員全員)と個別に面談させていただくようにしています。可能であれば全員にアンケート※をとらせていただき、経営者が気づかない課題や問題点をあぶり出すようにしています。
「うちは結束が固い」と信じている組織ほど、外部から見ると根本的な問題を抱えている事は少なくないのです。

※もちろん、面談やアンケートの個別内容を経営や会社へ伝えることはありません。

2018年6月20日水曜日

加計理事長の会見は、日大アメフト部、レスリング栄氏の謝罪会見をお手本に?



6月19日に突然加計学園の加計理事長が緊急の記者会見を開きました。
(貼り付けた動画はANNnewsチャンネルのノーカット動画の分割された最初の部分です)

報道によると、 会見を開くと連絡があったのは当日の朝、2時間後に開催するというもの。最近どこかで聞いたような。そうです、日本大学アメフト部内田前監督の緊急会見も連絡は僅か1時間前でした。しかも、会見会場は東京や大手マスメディアの拠点から離れた岡山の学園本部。2時間では東京の政治部記者や週刊誌の記者は間に合うはずがありません。
更に、会見の取材を認めたのは地元岡山の記者クラブ(どの記者クラブなのでしょう?県政記者クラブ?商工会議所の経済記者クラブ?岡山の事情にうといので分かりません)の会員のみに限定しての事だと言います。これでは、仮に開催時刻に駆けつけることができても、会見場に入ることもできません。

これもどこかで聞いたような話です。
わずか5日前の栄氏の駒沢体育館での会見。「事前(1週間前)に登録していない記者は入場できない」と同じです。加えて、会見時間は25分と最初に決められていました。これまたお尻を決めていた栄氏の会見と同じです。

大阪では死傷者が出る大きな地震が発生した直後、記者の目も生活者の関心も地震に向いている最中。他に大きなニュースが続いている時に、記者も来られない会見をあえて開き、「説明をした」という既成事実を作って逃げようとする魂胆がありありです。これも栄氏の会見と重なってしまいます。

こんな、批判ばかりの過去の会見の悪い所をそのまままねた会見が評価されるはずがありません。これを見た視聴者には「絶対嘘をついている」という印象しか残っていないはずです。そんなことは当然分かっていながらこの会見を開いたのですから、自ら「嘘をついています」と言っているようなものです。
しかし、加計理事長としては、非を認めれば獣医学部の認可取り消しや、文科省から学校法人に対するペナルティも有るかもしれないので絶対に認める訳にはいかないのです。この際、安倍総理との友情もどうでも良いでしょう。学園を守ることが第一です。

だからこそ、視聴者に評価される立派な会見ではなく、批判されても逃げ切るために、日大や栄氏の批判だらけの会見を手本にして、この会見を組んだのが透けて見えてしまいます。





2018年6月18日月曜日

何回謝罪会見をしたら終わるのか?三菱マテリアルー日本大学と至学館大学の騒動の陰で


昨年末から今年にかけ、相撲やレスリング、日本大学アメフト部や至学館大学まで巻き込んで、スポーツ周辺で世間の注目を集める絵に描いたような謝罪会見が相次ぎ、マスコミもそちらの報道に集中していました。
結果としてその影に隠れるように三菱マテリアルの謝罪会見は、ほとんど報道されないまま見過ごされているようなので、「空飛ぶタイヤ」の映画が公開されたタイミングでもありますし、振り返ってみます。

三菱自工のリコール隠し


「空飛ぶタイヤ」は、三菱自動車工業のリコール隠しによる死傷事故を題材に池井戸潤氏が小説化し、2009年にはテレビドラマ(amazon primeで見られます)にもなりました。そしていよいよ映画化され、6月15日(金)に封切られました。
三菱自動車工業はリコール隠しだけでなく、その後 燃費データの改ざんをしていたことも明るみに出て、今や日産自動車が筆頭株主となっています。
ウィキペディアによりますと、リクルートの先輩でもある田中辰巳さんは、
この体質のために「隠蔽といえば三菱自動車、三菱自動車といえば隠蔽」と言われるくらいに隠蔽の代名詞となったと手厳しい評価を下している。
とあります。

また「三菱」か?


その同じ三菱を冠するグループ会社の三菱マテリアルは、自動車がやって来たことと同じようなことを繰り返していたのです。グループ子会社が製品データを改ざんして出荷していたことが発覚(しかも40年も遡って発覚)して昨年11月に謝罪会見をおこないました。
しかし、その後も12月に再び別の子会社で改ざんが明るみに出て謝罪会見。更に今年2月と3月にも新たに発覚した同様の内容で謝罪会見をし、とうとう(やっと?)社長が引責辞任を発表する会見を6月11日行いました。
いったい何回謝罪会見を開いたのでしょう?


一般生活者には直接の取引や関わりの無い素材メーカーなので、ほとんどテレビなどでの報道はされませんでしたが、ビジネスの世界では一気に信用を落としてしまったはずです。一度ならず二度、三度と新たな不正が発覚し、その度に謝罪会見を繰り返す。これが最後と言われてもまだ出てくるんじゃないかと疑心暗鬼になってしまいます。
(「三菱マテリアル 改ざん」で検索すると山のように出てきます。さらに「まとめ」もたくさん作られています)

自動車のリコール隠しも再び思い出されるこのタイミング。データの改竄や隠蔽は三菱グループの企業体質だと刷り込まれるかもしれません。

昨年中に全ての膿を出しきれなかったことで、グループ全体に大きな傷を付けてしまったことは否めません。




2018年6月15日金曜日

栄氏の謝罪会見は、日大内田前監督の二の舞いを避けたかったのだろうが…



伊調選手らへのパワハラ が内閣府から認定され、その後公の場に出ていなかった栄氏が突然記者会見を行いました。昨日6月14日の午前9時20分からのことです。
この会見は、色々な制限が付いたもので、様々な憶測と更なる批判の的となっています。

生中継不可、20分の制限付き


会見は午前9時20分からなので、民法各局は朝の報道番組やワイドショーの放送時間。生で中継することも可能でした。しかし、生中継は禁止と事前に通告され、それを受け入れなければ会見の取材を認められなかったと言うことです。さらに、会見時間も20分間のみ。理由は、10月に開幕する世界選手権の代表選考会を兼ねる全日本選抜選手権の試合前だからということ。至学館大学レスリング部監督として会場に来ており、試合開始前の20分のみの取材対応という理屈です。
また、会見は屋外での囲みかと思ったら違っていました。
The PAGEの試合が開催された駒沢体育館のウォーミングアップ場ということです。駒沢体育館への取材入館も、
 とあり、1週間前に取材申込をしていなければ会見場へも入れなかった訳です。栄氏の会見は前日の夕方にマスコミ各社へ連絡があったということなので、当初より大会を取材する目的だったごく限られたメディアのみを対象として会見を設定したことになります。

制限を設けるほど深まる不信感


直前には、日大アメフト部の内田前監督とコーチの謝罪会見が大失敗となり、かえって火に油を注ぐことになってしまいました。あの会見を他山の石として、ある意味用意周到に準備された会見でした。
日大の時の様に限りなく質問が続くのを避けるために、最初から理由を付けて会見の終了時刻を設定しておくというのは、「はれのひ」社長の謝罪会見でもありました(あちらは会場の制限時間)。

取材制限は、限られたメディアにしか案内しない、事前に申請を受け付けたところに限るなどはあります。厳重なセキュリティが求められるサミットやオリンピック、あるいはF1やAmerica's Cupなど大きな規模のスポーツイベントなどでは事前申請と許可が当たり前です。取材者を制限するというのは、記者クラブ主催の会見でもよくあることです。日大悪質タックル問題では、加害学生の会見は日本記者クラブ主催で開催されましたので、記者クラブ会員以外は取材できなかったはずです。 今回はこれを逆手に取って、週刊誌やゴシップ紙など都合の悪い取材を排除するために最初から取材可能なメディアに制限を掛けてしまいました。

それにしても、生中継は不可というのはどんな意図があったのでしょうか。プロモーションを目的とした解禁日時指定というものもありますが、今回のような謝罪会見で制限をかけることはかえって心象を悪くします。試合開始前に会見が流されるのを嫌ったのでしょうか。放送される時点では別の場所にいたかったのでしょうか。

いずれにしても、会見の模様はテレビやネットで何度も放送され、再生されることに変わりはありません。

今回の会見で伝わってくるのは、形だけでいいから謝罪を済ませてしまおう、できるだけ短時間で強引にでも終わらせてしまおうという姿勢です。これでは伊調選手や関係者への謝罪にもなりません(そもそも謝罪する気持ちも無さそうです)。レスリング協会の中で「謝罪は済ませた」という既成事実を作りたかったのでしょうか。

昔の株主総会(シャンシャン総会)を思い出す、日大アメフト部前監督らとはまた違う醜悪な謝罪会見を見せられたという感想を持つのは私だけでしょうか。

2018年6月6日水曜日

TOKIO山口達也と日大アメフト部員の記者会見、明暗を分けたのは

問題となった日大と関学のアメリカンフットボールの試合から1か月。悪質タックルの問題は日本大学の経営のあり方を問う問題にまで発展して、終わりが見えなくなってきました。
一方で、試合中にタックルをした日大DFと被害者の関学QBの学生との間には和解も成立し、被害者の父親からは加害学生へのエールも送られて、当時者間ではひとまずの区切りが着いた感じでしょうか。

日大の悪質タックル事件は、加害学生が記者会見を開いた事で大きく動きました。誠実に理路整然、具体的に語った会見は、加害学生への印象を大きく変えて、非難の矛先はその指示をしたとされる監督・コーチへと向います。それに対して、日大アメフト部、学長、理事の会見・対応はお粗末なもので、大学関係者への追求は全く収束する気配がありません。今更日大サイドの記者会見を語っても何も参考にならない(悪い例としては参考になりますが)ので、その会見のわずか1か月ほど前に開いた山口達也さんの会見と較べながら、失敗しない謝罪会見のポイントを振り返ってみたいと思います。

会見を開くまでの条件は良く似ていたのに


山口達也さんのケース(以下A)と日大アメフト部員のケース(以下B)は、実は事件発生(本人認知)から記者会見を開くまでの時間経緯は良く似ています。

1,準備期間はどちらも十分にあった 

Aでは、本人に加害者の自覚がなく、(被害届けを出されて)事件を知ったのは3月末頃、事務所へ報告したのが4月16日、NHKが報道して世間が知るところになったのが4月25日でした。そして翌日の26日に急遽記者会見を開いています。
事務所が事件を知り、記者会見を開くまで準備期間は実質10日間あったことになります。
一方Bのケースは、5月10日に関学から日大アメフト部へ申し入れ書が届いたことで、翌11日両親と共に謝罪に出向こうとしたところから動きが始まります。 記者会見は22日なので、こちらの準備期間は11日ということになります。
通常、企業不祥事などで記者会見を開く場合は、即日あるいは翌日ですから、準備期間は数時間~1日程度です。それと比較すればAもBも準備期間は10日前後と十分にありました。

2,身内がサポートし、弁護士も

事件に対応するに当たり、両者同じような体制を組んでいます。
Aはジャニーズ事務所が全てを仕切り、事務所が元検事の敏腕顧問弁護士を付けました。
Bは父親(と家族)が学生をサポートし、父親が自ら弁護士事務所に相談に行き、2人の弁護士と共に謝罪会見に臨んでいます。
どちらのケースも、本人だけでは対応せず、身内のサポートと第三者となる弁護士を付けて会見に向けた準備をしています。

明暗を分けたのは危機感と想像力の差


確かに、AとBでは伝えるべき内容・主旨に違いはありましたが、記者会見という一つのイベントとして見ると時間も十分に有り、身内のサポートも敏腕弁護士も付けて条件は同じようなものです。しかしAはダメダメな会見になり、Bは加害者でありながら被害者でもあるという同情までも誘うような結果になりました。この差はどこから来たのでしょうか。

謝罪会見に臨む際には最低でも
1,事実・経緯・原因などの確認→ポジションペーパーの作成
2,Q&Aの作成
3,ネガティブリストの作成・確認
4,会見場の選定と事前確認(会場セッティング、進行、会見者)
など詳細に詰めて準備しておかなければなりません。

しかし、Aでは上記についてほとんど準備されている様子はありませんでした。ジャニーズ事務所が会見を仕切る、敏腕弁護士が付いているという奢りがあったのでしょうか。

一方、Bの会見は驚くことに日本記者クラブで行っています。ここで会見するということは、日本記者クラブが主催ということです。進行に関する主導権は会見者にはありません。それだけに事前に十分な確認と打ち合わせが行われたはずですし、会見側の準備はあらゆる事を想定しなければなりません。

Bでは「記者会見の主旨と開くに至った経緯」を整理し、ペーパーが会見場で配られています。聞き取りから作成したポジションペーパーをベースにしたのでしょう。このペーパーに沿った形で代理人弁護士から経緯の説明があり、本人はより具体的に、自分の言葉で詳細説明を行っています。代理人弁護士と本人との役割分担もはっきりしていました。質疑応答に際しても、答えて良いことと悪いこと、口にしてはいけないことがはっきりと認識されているようでした。事前に十分確認されていた様子が分かります。

Aのチームは、事務所スタッフは芸能記者との普段のやりとりの延長で考え、弁護士は法廷での攻防に気持ちが行っていたのでしょうか。自分の得意な土俵の事だけを考えたような、あまりにも安易な記者会見でした。
Bのチームはごく普通の一般人(しかもまだ学生)がマスメディアの前に顔と名前を晒して、日本中の人に見られるその先のことまで十分過ぎるほど想像し、必死で守ろうとしていました。その必死さは感情に流されることではなく、理性的に必要な協力者を探し、やるべき事を整理し、十分な準備をすることであり、ギリギリまでその精度を高めることだということを理解していました。

奇しくも、記者会見の終盤では双方の弁護士がAではもらい泣き、Bでは声を詰まらせるという形で感情が表に出る場面がありました。見る者が受けた印象は全く違ったでしょう。会見を終えた瞬間、それぞれの弁護士は何を思っていたのでしょうか。

ところで、前回の鉄腕DASH! グリルやっかいで1時間はきつかったですね。DASHファンとしては物足りなさで胸が苦しくなりました。早く復活して欲しいものです。

山口達也のジャニーズ事務所契約解除報道を受けて

息子を「卑怯者にしたくない」父の愛情が支えた、日大アメフト部員会見