2017年11月15日水曜日

山尾志桜里衆院議員よりも倉持麟太郎弁護士が政策顧問を引き受けたことに疑問

山尾志緒理氏は、不倫報道を受けて民進党を離党し、先の衆院選挙では無所属で立候補。僅かに800票ほどの僅差で当選しました。それから1か月も経たないうちに、不倫のお相手と報道された倉持麟太郎弁護士を政策顧問として起用したと報じられました。

これを受けて、テレビでも様々な人がコメントを寄せています。あの上西由香里元議員にはまでさんざんな言われようでしたが、私は今回の報道に接して山尾議員よりも倉持弁護士に疑問を持ちました。

弁護士が依頼人を窮地に!?


倉持弁護士は、慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師(憲法)、日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事・第二東京弁護士会憲法問題検討委員会幹事など、憲法に精通する論客としてテレビなどにもコメンテーターとして出演していたそうです。山尾議員も司法試験に合格し、検察官を勤めていた訳ですから、法律に関してはプロです。倉持弁護士に対しては、改憲に向けたアドバイスを求めての事だと言います。

倉持氏は憲法学者である前に弁護士です。

弁護士の仕事は、法律事務や法律相談ですが、一言で言えば依頼者の側に立って依頼者を守ることです。 依頼者を守るというスタンスであれば、今回の山尾議員からの依頼に対しても引き受ける事はしないでしょう。倉持弁護士が依頼を引き受ければ、依頼者である山尾議員を守るどころか窮地に追い込むことになります。そのくらいのことはわかっていたはずです。弁護士でなくても、不倫報道の後、山尾議員と倉持弁護士のことを世の中がどのように見ているかは容易に想像ができます。私には、なぜ依頼を断らなかったのかが不思議でたまりません。
弁護士ではなく、憲法学者としての道を歩もうとしているのでしょうか?

山尾議員の記者会見については、今更ここで画ほどでもありませんが、昨年のベッキーの最初の会見の時と同じ過ちを犯しています。

ベッキーと「一回戦で負けろ」発言県議の共通点

どうして政治家のみなさんは記者会見が下手なんでしょうね。


  ブライト・ウェイへのご相談はこちらから








2017年11月6日月曜日

11月は児童虐待防止推進月間です

11月は厚生労働省が定める児童虐待防止推進月間です。11月中は厚労省旗振りの元、各自治体やNPO法人などが全国で様々なキャンペーンやイベントを行います。平成29年度の標語は全国公募の中から「いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声」が選ばれました。
「いちはやく」は児童相談所全国共通ダイヤル「189」の語呂合わせです。


(株)ブライト・ウェイは、子育てに関する情報をフリーペーパーmikuや育児のポータルサイト【こそだて】SNSなどで発信しています。miku編集長であり私の妻の高祖常子は、子育て支援活動に注力し、認定特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク(オレンジリボン)の理事でもあります。

オレンジリボンの活動や体罰禁止を法律で定めたスウェーデンを始めとした取材を通して得た子育て先進国の実態も踏まえ、日本でも「叩かない、怒鳴らない子育て」を広げようと誌面やサイト、講演を通じて発信してきました。

その講座などで話をし、誌面で細切れに伝えていた「叩かない、怒鳴らない子育て」のアドバイスを1冊にまとめて、先月「イラストでよくわかる 感情的にならない子育て」を上梓しました。
子育て中の悩める母親(あるいは父親)にとって救いの本になればとの思いで、苦労して書き上げました(私は横で見ていただけですが)。 子育て中のご家庭だけでなく、子育て支援に携わる行政官や保育・託児施設で子ども達と関わる仕事に就いている方にも是非手にとっていただきたいと思います。
また、講演依頼やメディアへの出演・取材依頼なども増えていることもあり、高祖常子のサイトも立ち上げました。


1995年以来の長期単身赴任中の私にとっては、ほぼ一人で3人の子育てをしてきた母親としての恨みも文章の端々に感じ取りながら読む事となってしまいました。そんな高祖家の様子なども想像しながらまさにご笑覧いただければ幸いです。